未来研

iPhoneアプリ開発とかプログラミングとかの話題。

iOSアプリ開発で使用したライブラリをまとめてみた(2015/01版)

最近、iOSアプリの開発をする機会があったので、使用したライブラリをまとめます。

AFNetworking

ど定番のネットワークライブラリです。Swift用のAlmofireとどちらを使用するか迷ったんですが、安定しているのはやはりこちらを使用することに。Swiftからでも、別に普通に使用できますしね。

AFNetworkingには、これまでの膨大な利用実績がありますので、これを超えるのはなかなか難しいんじゃないでしょうか。

INTULocationManager

”現在地点を1回だけ取得する"ことに特化した、位置情報取得のライブラリ。なかなか良いです。 ちらっと使ってみた時に書いた記事はこちら↓。

iPhoneの標準的な位置情報取得は、連続して現在地を取得し続けることが得意で、「1回だけ」は得意じゃないんですよね。そういう点で、このライブラリは良いです。

PEPhotoCropEditor

「カメラで撮影した画像を切り抜く」という機能を付けたかったのだけど、SDK標準ではできなさそうなので、こちらのライブラリを利用しました。

SIAlertView

iOS8からUIAlertViewが depricated になりまして、UIAlertControllerに置き換わりました。で、iOS7系(UIAlertview) / iOS8系(UIAlertController) で処理を2通り書かなきゃないんですが、これが面倒。すごく面倒です(とても面倒なので2回言いました)。

というわけで、SIAlertViewを導入して見ました。これを使えば、OSのバージョンにかかわらず1通りだけ書けば良いので、楽です。

アラートのボタンタップ後の処理をBlocksで書けるのもGood.

ただし、デザインがUIAlertControllerと違っているので、他の画面と合わせるにはちょっと工夫が必要かも。

swift-json

Swiftでjsonの解析 / 構築をするなら、こちら。とても使いやすかったです。

まとめ

といった感じでした。最近はいいライブラリがたくさんあるので、ひところに比べるとだいぶ開発が楽になりました。

各ライブラリの作者の皆様に、超感謝です。